女性化乳房の診断を受けて詳細な検査をしました

乳がんではないと診断され、安心も束の間

そうしたら医師からは癌などではなく、おそらく女性化乳房ではないかと診断されました。
始めて聞く言葉だったので驚きましたし、理解することができませんでした。
男性の性を持って生まれて、性的な志向もノーマルだったことから、自分の身体が急に女性になったのかと不安でいっぱいになりました。
医師からは女性化乳房といってもそれは性別などは関係なく、ホルモンのバランスが乱れたり肝機能が低下することによって胸の周辺に発達している乳腺が発達したり脂肪が蓄積するということでした。
詳細な検査をしてみなければ、それが真性なのかどうかわからないということだったので、翌週、詳細な検査をすることにしました。
帰宅して調べてみると、それほど頻繁に発症するものではないけれど、珍しいというものでもないということがわかり安心しました。
そして詳細な結果、胸部にある皮下脂肪が蓄積したことによる、偽性女性化乳房であることがわかりました。
懸念していたとおり、食生活の乱れによって肥満になっていましたが、それが女性化乳房ということにつながったことがわかりました。

乱れる食生活、増える脂肪 : 乳がんではないと診断され、安心も束の間 : 生活習慣をただすことが大事